レーザー脱毛で痛みがある理由

どのような脱毛方法であっても施術の際には多少の痛みが生じるものですが、現在最も人気のある脱毛方法の一つとなっているレーザー脱毛も例外ではありません。レーザー脱毛で痛みが生じるのは、レーザーによる熱のダメージが原因です。

レーザー脱毛に使用される医療レーザーはムダ毛の黒い色を作り出しているメラニンという色素に反応し、熱を発生させるという働きをします。

レーザー脱毛情報選びを親身になってアドバイスいたします。

ムダ毛部分にレーザーを照射すると毛根に熱が伝わり、毛が生える原因になる毛母細胞を破壊し、これによってムダ毛が再生しないようになり脱毛効果を得ることができます。

痛みの強さはメラニン色素の量に応じて強くなります。

レーザー脱毛の評価情報探しのサポートをいたします。

例えばワキやビキニラインなどに生えるムダ毛は太くてゴワゴワとし、色も黒っぽいことが多いですが、こうしたムダ毛にはメラニンが多く存在していますので、レーザーの作用が強く出ます。

すると伝わる熱のダメージも大きくなるため、脱毛効果は高くなるのですが痛みも強くなるということになります。

その逆で顔や背中に生える細くて色も薄い産毛のようなムダ毛は、メラニンの量が少ないためレーザーが反応しにくく、脱毛効果が得られにくいのですが痛みは少なくなります。また、メラニンは体毛にのみ存在しているのではなく、皮膚にも一定量存在しています。
日焼けをしていない通常の皮膚であればレーザーが反応するほど多くのメラニンは存在していないため、皮膚に痛みが伝わるということはないのですが、デリケートゾーンのように他の部位に比べると皮膚の色素が濃い部分はメラニンが多いためレーザーが反応してしまいます。



そのためデリケートゾーンは特に痛みが強く出やすい部位であり、必要に応じて麻酔が使用されることもあります。